読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mia armonia

精神世界やスピリチュアリティなど、ちょっと不思議な世界をベースに、人生を前向きに生きる考え方を提案しています。起業やビジネスについても書いています。

お金持ちの疑似体験

お金・豊かさ

皆さんは現在お金持ちでしょうか? 現在お金持ちの人も、そうでない人も、どんな時に自分はお金持ちだ!と感じられるでしょうか?

 

私は最近、日雇いのアルバイトをしていますので、終業時に日当をいただきます。それで、そのお金を財布にしまっておくのですが、何日も行くと、段々と紙幣が重なって分厚くなってきます。

 

財布を開けた時に、いつも分厚い紙幣の束が目に入ってきます。その時、『ああ、私はお金持ちだ・・』と感じるのです(笑)

 

私は現在自分のことをお金持ちだとは思っていませんが、既にお金持ちの人は自分のことを『お金持ち』だと思っているわけです。

 

お金持ちの人は、財布に一万円札を何十枚も持ち歩いているかもしれないし、財布には紙幣を入れず、クレジットカードを持ち歩いているかもしれません。持ち歩く現金は少ないかもしれませんが、銀行口座には十数桁の数字が入力されているかもしれません。

 

形は色々ありますが、お金持ちには自分がお金持ちだと確信できる『何か』があるのです。

 

お金持ちになった人にはそうなるに相応しい『考え方』があり、その人はその考え方によってお金持ちになったわけです。その考え方を取り入れることも大事ですが、お金持ちが普段感じているであろう感覚を真似てみることも大事だと思います。

 

お金持ちになった時に自分が目にするであろう光景を先に見てしまうということです。夢をいち早く疑似体験して、自分の潜在意識にその感覚を染み込ませようということです。

 

私の財布の札束の大部分を占めるのは千円札ですが、それでも、紙幣の束を目にしたり、それを手にとって厚みをじかに感じることは決して気持ち悪いものではありません。

 

なんというか、とても心が豊かになる感覚を覚えます。

 

本当にお金持ちになったら、同じ厚さの札束の大部分を占めるのが一万円札になっているかもしれませんが、その時感じる気持ちと似たような気持ちをいまこの瞬間にも感じることはできるし、それを選ぶのは私たちの自由なのです。

 

皆さんは普段財布にどれだけの紙幣を入れておくでしょうか? 

 

仮に、必要な金額だけを財布に入れておくとすると、それを使いきったら当然のことながら財布は空になってしまいますよね。

 

すると、またATMでお金をおろしては使い・・の繰り返しになります。

 

ただ、もし必要な分にプラスして絶対に使わない分の紙幣を財布に常時持ち歩いていたとしたら、どうなるでしょう。

 

必要な分だけ使い、あとは、大事にしまっておくだけです。無駄遣いもしないように気をつけます。

 

すると、いつも財布を覗けば紙幣の束が目に入るので心に余裕が生まれます。

 

そのお金を維持するような使い方をするので、無駄遣いも自然と少なくなる気がします。

 

現在それほどお金持ちではなくても、銀行の口座にいくらかの貯金はあるのであれば、そのお金の一部をおろして、財布に現金としてしまっておくこともできます。全部千円札でもいいのです。

 

一万円札が無ければ、誰かから一時的に借りて自分の財布にしまうこともできます。ちょっとした遊び心ですが、お金持ちの気持ちを一時的に体験できるという遊びです。

 

仮に口座に20万円の預金があるとして、それを全部一万円札で引きだすと、財布に一万円札が20枚も入ることになります。それをご自分の手にとってじかに感触を味わったとしたら、どんな気持ちになるでしょうか? 千円札で引きだせば200枚です。

 

例えば、月給20万円というのは、割と一般的な月収レベルだと思うのですが、それを口座に数字で入力されるだけだと、そのお金の価値を十分に味わうことができないんじゃないかなって思います。封筒に20万円を貰ったら、どうなるでしょう? 同じ金額なのに、感じ方が違うはずです。喜びの度合いが大きいと思います。

 

口座の数字なら、『たった20万円しかないよ・・』なんて感じるのが、現金で持ち歩くと、『わあ!こんなにあるよ』と感じることができます。

 

冗談に聞こえるかもしれませんが、こういう些細なことって結構大事な気がします。

 

もちろん、もっとおもしろいアイディアがあるかもしれませんが、これもひとつのアイディアです。

 

読んでいただいてありがとうございます。

広告を非表示にする