読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mia armonia

精神世界やスピリチュアリティなど、ちょっと不思議な世界をベースに、人生を前向きに生きる考え方を提案しています。起業やビジネスについても書いています。

ネガティブな人や出来事に遭遇した時どうするか

人間関係

私たちは、色々な人と関わる事によって、時には自分に合わないエネルギーに触れて、疲れてしまうこともあります。私の場合、ネガティブな発言をしたり、荒々しい振舞いをしたりする人と関わると疲れます。例えば、他人の振舞いに文句をつけたり、他人にトラブルが起きた時に、それを嘲笑うかのような発言をしたりするのを目の当たりにした時です。

 

『言霊』とも言われるように、人が発する言葉には本当に力があると思います。ネガティブな言葉は、一緒にいる人の気分までネガティブにしてしまいます。トゲのある言葉を聞くと、心が委縮するような気持ちになり、とても辛い気持ちになります。

 

でも、こんな時、相手を嫌な人間と思ったり、相手のダメな所ばかりに意識を向けてしまうと、自分も相手のエネルギーに巻き込まれてしまいます。そして、自分の中で相手が益々嫌な人間になってしまいます。そういう時こそ、自分の内面を見つめなおす良き機会であると思います。

 

相手がどんなネガティブな振舞いや発言をしたとしても、その人なりの事情があるのだと思います。誰しも人生が上手くいかない時は、心に余裕が持てず、自暴自棄になったり、つい否定的な言葉を発したくなるものです。

 

少し精神世界よりの話をすれば、あなたの目の前にいるネガティブな相手は、無限のバリエーションがあるその人の中の一人に過ぎません。つまり、相手がどんなに否定的な人間に見えたとしても、その対極に位置する、物凄い人格者であるその人がいる宇宙も並行して存在していると言う事です。

 

宇宙のどんな側面を掬い取るのかは、あなたの意識がどんな事にフォーカスしているかに影響されます。あなたがネガティブな相手に遭遇したとすれば、もしかしたら、あなた自身も相手と同様のエネルギーを発していたのかもしれません。目の前の嫌な相手は、実は自分自身が創りだしているものなのかもしれません。

 

また、ネガティブな人のエネルギーに触れることにより、自分の普段のエネルギーの心地よさが際立って分かるようになります。自分に合うエネルギー、合わないエネルギーがはっきりしてきます。『ネガティブな誰か』は、そういう事に気づくきっかけを与えてくれるメッセンジャーです。『心地よさ』を体験するには、その対極にある『不快感』が無ければならないのです。そう思うと出来事を肯定的に捉えていく事が出来ます。

 

その時、自分のエネルギーの心地よさに触れて、『自分は素晴らしい』と思ってしまうと、傲慢さが出てしまいます。この宇宙にはいろんな人がいますが、どの人にも優劣はありません。単に違いがあるだけです。ただ、自分はこっちの方が心地よく感じるというだけなのです。もし、あなたが誰かに不快感を覚えたとすれば、相手も同様にあなたに不快感を覚えているかもしれないのです。『自分は素晴らしい』と思うのは良いのですが、大事なのは相手との違いを認めること。そして優劣を付けず、単に自分にとって心地よい方を選択していく事だと思います。

 

人間には各々持っている価値観がありますので、兎角『善悪』や『優劣』を決めてしまいますが、私たちを苦しめている要因の一つは、『善悪』や『優劣』の二元に縛られる事です。要はそれにこだわるから辛くなるのだと思います。でも単に違いがあるだけだと認識すれば、そのこだわりも薄れ、心が軽くなります。

 

私たちは普段付き合う人の影響を受けます。もし、自分にとって合わない人間関係があるとすれば、その関係から学ぶべき事を学んだら、ダラダラと付き合うのをやめ、新しい環境を創っていく事が大事です。

 

大事なのは、自分のぶれない軸を持ち、それを見失わないよう、よく考え、感情を整理する事です。そうすれば、どんなにネガティブな人や出来事に遭遇したとしても、その出来事を肯定的に捉え、自分の糧としていく事が出来ると思います。

f:id:Aquarius222:20160410204643p:plain

広告を非表示にする