読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mia armonia

精神世界やスピリチュアリティなど、ちょっと不思議な世界をベースに、人生を前向きに生きる考え方を提案しています。起業やビジネスについても書いています。

もう悩んでいる暇はないのかも。あなたの人生。

生き方

人間関係とは、その関わりを通じて、自分の中に眠っている感情を呼び起こす為にあるのではないかと思えてきます。

 

例えば、皆さんには、人生で大きな影響を受けた人物が一人や二人いらっしゃるのではないでしょうか? 私、これまでの人生で最も大きな影響を受けた人物が一人いるのですが、私の場合、その人と関わった時に、すごく楽しい気持ちになる自分がいます。物凄く心が高揚するという表現が適切だと思います。

 

同時に、その人が好きなので、『好き』という側面ばかりにフォーカスがいきがちになりますが、その人ではなく、自分の内側にフォーカスを向けてみると、重要な事が分かって来ます。

 

いわば、自分が本当にやりたいことのエッセンス、欲している感情が、その人との関わりを通じて、湧きあがって来ているのです。

 

その人と関わった時に感じる『感情』なのです。その感情を味わいたかった。心が高揚する『その感覚』を欲していた。

 

『あなたの人生の源は、ワクワクすることにある』

 

こんなサブタイトルの付いた本がありますが、まさにそれです。

 

自分がこの人生で本当にやりたいことのヒントを、その人を通じてもらっているのです。やりたいことは、実は既に知っていた。

 

私はこれまで、自分の人生を難しく考えていただけかもしれない・・・ふとそう思いました。

 

人生なんて、本当は何も難しいことはなくて、本当に、本当に、ただ毎瞬毎瞬ワクワクすることをやっていけばいいのではないだろうか・・と思えてくるのです。

 

『生きているのはたった今のこの瞬間だけ』

 

そう思うと、自分の手で設計したこの人生。その中に登場してくる人、起きてくるイベントも、ただ、私に気づいて欲しくて起こっているのではないだろうか・・・本当に、主役は自分なんじゃないだろうか。そんな気持ちになるのです。

 

本当に、本当に、ただ、好きなように生きればいいのではないだろうか。

 

私たちは、つまらない固定観念の所為でどれだけ自分の人生を狭い檻の中に閉じ込めてしまっているか。

 

やるべきことなどなにもない。ただ、やりたいことをやればいい。本当にそうなのかもしれない。

 

人生設計など立てなくても、楽しいと思った事をやればいいだけなのかもしれない。死ぬ準備などしなくていい。格好よく死ななくても良い。『いつ死んでもいいように、毎瞬毎瞬を一生懸命生きること』などと、周囲の人に偉そうな口を叩いてはいても、今の自分の生き方がそうはなっていないではないか。

 

少なくとも、自分に大きな影響を与えた人物に会いたい思いが高じて会いに行った時は、そういう生き方が出来ていたと思う。その時の自分のエネルギーレベルは高かったと思う。いつもそういう生き方をしなくちゃいけない。もう悩んでいる暇はない。

 

子供の頃は、心が高揚する感覚が、まだ生きていたかもしれない。本当に、いつからか、その感覚を忘れてしまっていた。

 

でもある人物と出逢った事によって、心の奥深くに閉じ込められていた感覚がドバーっ!と飛び出してきた。それが、私がこの人生でやりたかった(味わいたかった)事のエッセンスなんじゃないだろうか・・そう思えてくるのです。

 

もうこれは思考の私ではありません。ハートの私です。私の本質は思考ではなく、ハートにある。

 

人生で迷った時、心(ハート)が高揚する感覚を道標にすれば、ご自分の人生で本当にやりたかった事のエッセンスが垣間見えるのではないでしょうか? あなたをそういう気分にさせてくれる人や物、場所などに身を置いてみるということです。

広告を非表示にする