読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mia armonia

精神世界やスピリチュアリティなど、ちょっと不思議な世界をベースに、人生を前向きに生きる考え方を提案しています。起業やビジネスについても書いています。

あなたがどんな人間であるかはあなたが決めている

『思い込み』をはずす 起業

今日は、現実をあるがままに捉えるという事についてお話したいと思います。

 

私は現在会社に属して働いていませんので、一般的には無職或いはニートと呼ばれる状態です。

 

しかし、この時点で、あるがままの状態に対し、固定観念が刷り込まれています。 

 

例えば、

・働くこと=会社に属すこと

・働くこと=お金が発生すること

などです。

 

上記の固定観念を取り払った場合、私は人と関わる中で、時には親切にしたり、自分の考えを伝えたり、このブログを書いたり・・など、している事はたくさんあります。お金は発生しないけれど、働いていると捉えることも出来ます。

 

『仕事』の定義は『自分のエッセンスを他者と分かち合う』ことだと思っているので、すべての人は普通に生きているだけで十分その人の仕事をしていると捉えることができます。

 

もちろんこれは屁理屈かもしれません。私のような無職の人間が話した所で戯言に聞こえるかもしれません。

現実に対する視点を少し変えてみる

無職やニートというのも一つの捉え方であり、そこには人間の思い込みというバイアスがかかっています。

 

視点を変えると私は『起業家』でもあります。今現在、自分の活動によってお金が発生しているわけではありませんが、自分で起業家を名乗ることは出来ます。

 

一般的に、無職やニートにはネガティブなイメージがありますので、私が『自分はニートだ』と言う時、無意識のうちにネガティブなイメージを自分の中に作りだしていることになります。

 

いわば、自分で自分を貶めているのです。

 

自分には大した価値がないと思っていると、実際にそうなります。思い込みが行動や振舞いに反映されるのです。

 

逆に、私は起業家だと思って行動するとどうでしょう。

 

感じ方がまるで変わり、行動や振舞いに自信が付いてきます。

 

もちろん、ハッタリでは好ましくありませんが、自信を持つ事は大事です。自信があれば、何事にも積極的に挑戦してみようという気持ちになります。そんな楽しい気持ちでいると、良いアイディアが浮かぶものです。

 

既になりたい自分であるかのように振る舞うことは、夢を実現する為の第一歩です。

 

まずは形から変えてみると、気持ちも変わってきます。

 

人間は如何に思い込みによって行動を制限されているかということです。自分がどんな人間であるのかは、実は自分で決めているという事ですね。

 

本日も読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら関連記事も読んでみてください。

aquarius222.hatenablog.com

広告を非表示にする