読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mia armonia

精神世界やスピリチュアリティなど、ちょっと不思議な世界をベースに、人生を前向きに生きる考え方を提案しています。起業やビジネスについても書いています。

『わたし』、『あなた』の区別はどこに

哲学的な話 精神世界・スピリチュアリティ

最近、自分とは何か、他人とは何か、他人は存在するのか・・ということについて考える事が多い。私たちが『自分』と思っている自分はいわゆる『自我』、『エゴ』の自分です。生まれてからこれまでに作られた人格を自分だと思っているのです。でも、自我を取り払った時、そこに残るのは、純粋に、『存在』そのものです。『意識』といえばいいでしょうか。

 

その存在・意識そのものもわたしです。 自我を自分だと思いこんでいると、自分以外は他人ということになり、自分と他人が分離された別のものという認識が生まれます。でも、それは本当なのだろうか?という疑問が湧いてきます。

 

自我を通してこの世界を見ていると、自分がいて、他人がいて、自分の身体が自分なのだ・・という認識になりますが、少し視点を拡げて、この宇宙が、わたしの意識の中で起こっているという視点を採用するとどうでしょう。そこに在るのはわたしというひとつの意識だけになります。そうすると、その宇宙に存在する自分や他人という視点も、ひとつの概念ということになり、本当に他人が存在しているのかがわからなくなります。

 

精神世界の分野でよく言われる『ワンネス』や『すべてはひとつのもの』や『存在のすべて』、『大いなる源』というのは、そういうことなのかもしれません。ただ、自我の思考やイメージを使って考えても、いまいちピンとこない。

 

また、この世界全部がわたしであったとしても、既にわたしという主観が前提になっています。そうです。ここでも『わたし』が出てくるのです。でも本当はそれすらも創りあげられた概念なのかも・・こうも思います。

 

すべてがひとつしかないなら、わたしとあなたの違いは無くなるからです。『わたし』とか『あなた』というのは、この世界を分離した視点で体験する為に創られた概念に過ぎないのではないか・・と思えてきます。この宇宙はわたしであり、わたしたちなのかもしれません。

 

上記の捉え方とは別に、もし、この世界を体験している意識体が、私たちの自我のように個別に存在するとすると、次のような見方もできます。この宇宙が、わたしが創った宇宙なら、同じように、わたしではない誰かが創った宇宙も存在し、それぞれの宇宙が無数に存在する。わたしの宇宙に登場するあなたは、あなたの宇宙での体験を私の宇宙に投影したようなもの。そのようにしてみんなの宇宙が相互に絡み合っている・・・。個人的にこの考え方を『個別宇宙論』と呼ぶことにします。

 

私はブログで考えを世界に向けて発信していますが、この個別宇宙論を採用すると、私は、私が見ている夢の中で、ただ情報発信をする一人遊びをしているというだけになります。そうすると、情報発信する意味が無くなってきます。単純に自分がしたいからするという選択の問題になってきます。

 

以前は個別宇宙論を採用していた時期もありましたが、最近ではそう思わなくなりました。なぜなら、この認識では、『わたし』という分離された視点が出てくるからです。『ワンネス』や『すべてはひとつ』という事の本当の意味はそうではない気がします。

 

私はこれまで精神世界やスピリチュアル系の本をいくつか読んで来ましたが、精神世界を深く理解するには、本やインターネットだけでは不十分だと思います。なぜなら、文章の解釈の仕方は十人十色だからです。

 

著者が本当に伝えたいこととはちょっとずれた解釈をしてしまうことも普通にありえます。また、本の内容が真実かどうかも分かりません。ワンネスを本当の意味で理解するには、自分で体験するしかないと思います。

 

こういうことは頭で考えると本当にわからなくなります。探求するのは自由ですが、無理に理解しようとする必要もないのかもしれません。思考による理解は、本当の理解ではないと思うからです。

 

多分ハートのレベルでは知っているのだと思います。でも、それを思い出すかどうかも自分が決めている。知るべき時が来れば、必然的にわかるようになるとも思います。でも、知りたくて仕方がない。でも考えすぎると逆に分からなくなる・・・(笑)。

 

今日言いたかったことは、『わたし』や『あなた』という視点も、本当は幻想であり、ひとつの概念に過ぎないのでは・・ということでした。

 

自我としての私は、現在仕事探しをしていますが、こんな哲学的なことを考えていると、職種や条件などはほんの些細なことのように思えてきて、とりあえず応募して受かったところで働いてみるか・・・そんな気持ちにもなります。物理的な世界を生きる上で、こんな浮世離れしたことをいつも考えることは難しいですが、一番知りたいのはやっぱりこういうことなんですよね。

 

なぜこんなことばかり考えているかというと、自分の人生の軸をはっきりさせたいからです。根本となる原理や法則が分かっていれば、人生の方向性が明確になると思うからです。

 

読んでいただいてありがとうございます!

広告を非表示にする