読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mia armonia

精神世界やスピリチュアリティなど、ちょっと不思議な世界をベースに、人生を前向きに生きる考え方を提案しています。起業やビジネスについても書いています。

ツーリング記録2013.9.29_鳥海山

オートバイ
2013年9月29日 晴 ツーリングコースは鳥海山周辺。

前日に男鹿から亀田(旧岩城町)まで走り、祖父母宅に泊めてもらう。翌朝、お土産の山菜を手渡されたが、私のオートバイの積載能力は乏しく、量を減らしてなんとかシート下の隙間に収納。鳥海山までは海沿いの国道7号を走り、山形県遊佐町の鳥海ブルーラインからアタックを試みました。

 

ヘアピンカーブの連続は、バイクで走ると楽しい道です。バイクに乗り始めてから初めての本格的な峠道と言う事でワクワク。下手なりにも、右に左に車体がバンクするのはバイクの醍醐味の一つです。

f:id:Aquarius222:20160301172316j:plain

鉾立展望台から、山形・新潟方面

f:id:Aquarius222:20160301172318j:plain

秋田方面

f:id:Aquarius222:20160301173842j:plain

景色を堪能した後、今度は秋田県側の鳥海ブルーラインを下ります。登りは楽しいけれど、下りのヘアピンカーブは怖い。基本行き当たりばったりなのが私のスタイル。行き先は決めずにその時の気持ちに任せます。途中集落に迷い込んで民家の庭先でUターンしたりと、どこを走っているかよくわからない時も。

f:id:Aquarius222:20160301174701j:plain

ちょうど稲刈りの季節。農作業している人たちを横目にバイクを走らせます。田植えや稲刈りの季節に農道を走ると、トラクターが落とした泥の塊が落ちているので注意です。

f:id:Aquarius222:20160301175052j:plain

獅子が鼻湿原から県道58号線を少し進んだ場所。樹海の中を走る林道といった感じの道路。雰囲気の良い場所でした。写真のような場所は短区間で、あとは普通の山道になります。湿原の駐車場には観光バスがたくさん停まっていました。湿原から先は上の写真のように、道幅が狭くなるので、オートバイにはもってこいの道。

f:id:Aquarius222:20160301175050j:plain

この先しばらく山道を走り、矢島の花立牧場を経由して、仁賀保高原に向いました。

f:id:Aquarius222:20160301181108j:plain

仁賀保高原に到着。鳥海山をバックに。

写真が少ないので別の日に撮影した写真も投稿(写真下)。この時は車で訪れました。2014年6月6日撮影。

f:id:Aquarius222:20160301192817p:plain

f:id:Aquarius222:20160301192913p:plain

仁賀保高原から麓に下りた時点で16:00くらい。あとは男鹿半島まで2時間かけて帰りました。この日のツーリングも無事終了。この日のお昼ご飯は無し(笑) 当時は食事そっちのけで走り続けることが多かったですね。

バイクに乗っていると、知らない人から話しかけられることが多くなりました。

休憩中だけでなく走行中信号待ちなどでも話しかけられます。この日も休憩中にバイクの横に佇んでいると、老夫婦が、私のバイクを興味深そうに見ていたので、『こんにちは』と声をかけ、少し会話をしました。せっかくなのでこれまでにあった質問の中で印象に残っているものをまとめてみましょう。

No.1 お決まりの『何cc?』

Ans.400cc

No.2 200km出る?

Ans.出ます。計算上211.34km/h出ます(6速 12500rpm) 自分調べ。

No.3 シートベルト付いてるの?

付いてません。転倒した時バイクの道連れになる為、無い方が安全かな。 

No.4 白バイより大きいの?

バイよりは大きくないです。

広告を非表示にする