読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mia armonia

精神世界やスピリチュアリティなど、ちょっと不思議な世界をベースに、人生を前向きに生きる考え方を提案しています。起業やビジネスについても書いています。

お酒を嗜む

日常生活

みなさんはお酒を嗜みますか。

 

私はお酒が大好きで良く嗜みます。

 

最近はあまり飲みませんが、会社員の頃は結構飲んでいました。

 

人によっては10代の頃からお酒を飲んでいたという人もいると思いますが、私は20歳近くになるまでお酒を飲む機会がありませんでした。

 

至って真面目な青年でしたね。

 

初めて飲んだビールも、苦いというより辛いと感じて、ジョッキ一杯も飲み干せませんでした。

 

その後社会人になってからも、晩御飯の時に缶ビールを飲もうと思って買ってくるのですが、苦くてあまりおいしいとは感じませんでした。

 

ただ、22歳くらいの頃、仕事柄ビールを飲む機会が増えたこともあってか、ビールが割とおいしいと感じるようになりました。

 

今では苦みよりも甘みを感じます。

 

その後、日本酒、焼酎、ウィスキーと、いろんなお酒に手を出しました。

 

といっても、飲みに出歩くことは滅多になく、家で一人晩酌する内に、いろんなお酒を覚えていきました。

 

私の場合、人に教えられてというよりは、自分でインターネットで調べたり、試したりして、いろんなお酒を覚えた感じです。

 

好きでよく飲むお酒の種類は、ビール、日本酒、ウィスキーです。

 

ビールは麦芽100%のもの、クラフトビールや地ビール系が好きです。日本酒も純米酒吟醸酒などの特定名称のもの、生酒などのフルーティーなお酒が好きですね。ウィスキーはスコッチ、バーボンを飲みますが、特にスコッチのシングルモルトウィスキーが大好きです。

 

ニートの癖に贅沢な趣味だな・・と思われるかもしれませんが、会社員時代の話です。当時はお金に余裕があったので、高いスコッチウィスキーや日本酒を良く買っていました。

 

今はお酒の味が好きで飲んでいますが、ただ酔う為に飲んでいた時もありましたね。

 

23~24歳の頃、仕事で最もダークな時期がありました。

 

その頃は仕事のストレスを忘れる為に、毎晩酒浸りでした。

 

缶ビール350ml缶2~3本から始まって、日本酒、焼酎、ウィスキーと段々度数を高くしていく飲み方をしていました。

 

芋焼酎を買ってきて、コップにあけてストレートで飲むこともありました。

 

毎晩1~2時とかまで飲んでいましたね。

 

次の日の朝起きてゲップすると、芋焼酎の匂いがしてきたりして、今思えば病んでいましたね。

 

元々焼酎はあまり好みではないのですが、その当時の辛かった思い出と重なって、あまりいいイメージがありません。

 

当時の飲み方をいまもずっと続けていたら、体を蝕んでいたでしょう。

 

でも、辛いことも長くは続きませんでいた。その後もお酒は嗜みましたが、以前のような無茶な飲み方はしなくなりました。

 

今は味や雰囲気を楽しむことを大事にして飲んでいます。

 

お酒は、飲む場所や人、酒器、体調によって味が変わります。

 

私はいつもおいしいお酒を飲みたいので、その点には気を使っています。

 

お店でお酒を選ぶ時も、じっくり吟味してから買うので、お店の人には変な目で見られているかもしれません。

 

酔いが回ると楽しいですが、酔いすぎると、お酒の味が分からなくなります。せっかく美味しいお酒を飲んだとしても、それでは勿体ないので、味がわかるか、分からないか、と言う事を酔いすぎのひとつの目安にしています。

 

よく周囲の人に酒飲み呼ばわりされるのですが、個人的には『酒飲み』ではなく『酒好き』だと言っています(笑)

 

f:id:Aquarius222:20160311043514j:plain

さて今日はビールを箱買いしに行こうかな。

広告を非表示にする