読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mia armonia

精神世界やスピリチュアリティなど、ちょっと不思議な世界をベースに、人生を前向きに生きる考え方を提案しています。起業やビジネスについても書いています。

ガイドスピリットのメッセージ

自分を愛する・ハートを開く 知性と感性のバランス

みなさんは『ガイドスピリット』という言葉を聞いたことがありますか。

 

守護霊のことです。

 

一般的に守護霊を表す言葉として、『スピリットガイド』、『主護霊』、『守護霊』、『指導霊』、『守護天使』など色々な表現が使われ、各々意味が異なりますが、私はこれらの存在を総称して『ガイドスピリット』という呼び方をしています。

 

いわば、人生を生きる上で、生涯寄り添って、導いてくれる存在に対しての呼び方です。なので、この文章の中で使う『ガイドスピリット』は、彼ら全体のことを指しています。

 

主護霊と呼ばれる主担当が一人付き、あとは仕事や趣味に応じて得意分野を持ったガイド(指導霊)が何人か付いて教え導いてくれるようです。

 

特に主担当のガイドさんは自分ととても良く似た存在のようです。

 

また、仕事や趣味のレベルが上がったり、人間としての意識が大きく変わったりすると、それに応じてガイドも代わるみたいです。

 

人によってはガイドと会話できたり、イメージや感覚でコミュニケーションが取れるという人もいるようですが、私は見えたり聞こえたりするわけではありません。

 

ただ、彼らは、直接コミュニケーションが取れなくても、私たちにいろんな物を通じてメッセージやサインを見せてくれます。

 

日常で目にする看板や数字、人の会話など、あらゆる所にメッセージはあります。

 

ただそれに気づく感性が鈍っていると、気づかないこともあります。

 

他人からみれば、単なる偶然に見えることでも、自分の感覚では、なにかのメッセージやサインだと感じたことがあるならば、それはそのように受け取ると良いでしょう。

 

その時、あまり頭で考え過ぎると分からなくなります。初めの感覚を大事にすると良いでしょう。

 

私は以前『エンジェルナンバー』という小さな本を買って、守護天使からのメッセージに耳を傾けようと試みた時期がありました。

 

この本は、1~999までの数字が書かれていて、各々の数字に対してエンジェルからのメッセージが書かれています。

 

自分が意識したからかどうかわかりませんが、その頃よくゾロメや気になる数字を目にすることがあり、その後エンジェルナンバーのメッセージを見てみると、その時の自分にピッタリのメッセージが書かれていたりして、面白かったことがありました。

 

守護天使が数字を見せてくれるタイミングは絶妙なものがあります。

 

わざと自分に分かる形やタイミングで、本当に自分にしかわからないような事なのですが、それがメッセージだと分かる感じです。

 

ゾロメを見る以外にも聞くこともありました。私のガイドの場合は、歌の歌詞やyoutubeの動画の中でメッセージをくれたこともありました。

 

もちろん個人的な主観ですが、ただ、自分にはそれがメッセージだと分かる・・感じです。本当にその時の自分の心境にピッタリのメッセージがあるからです。

 

スピリチュアルな分野でよく言われる『シンクロニシティ』という現象ですね。

 

ガイドスピリットからの声を聴きやすくする為に、次の事を心がけると良いでしょう。

 

あまり頭でっかちにならない。

ハートの感覚に意識を向ける。

日常の些細なことを楽しみ、微笑ましく感じられるようにする。

心に余裕をもつこと。その為に自分を心から受け容れること。

 

忙しかったり、思考を使いすぎたりすると、ハートの声がわかりづらくなります。メッセージやサインに気づく感性は、ハートの感覚によるものだと思うからです。

 

自分の心に余裕が持てるようになると、ラッキーなことやシンクロニシティが良く起きるようになります。

 

メッセージを受け取るか受け取らないかは個人の自由ですが、もし人生に行き詰ることがあったり、問題が起きて八方塞がりになったりした場合、思考を休めて、ハートの感覚に意識を向け、シンクロニシティやサインに耳を傾けてみると良いでしょう。

広告を非表示にする