読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mia armonia

精神世界やスピリチュアリティなど、ちょっと不思議な世界をベースに、人生を前向きに生きる考え方を提案しています。起業やビジネスについても書いています。

人生から本当に逃げているのは誰?

生き方

好きなことをして生きていきたいと言うと、好きなことばかりしてはいられないとか、そんなこと言ってないでまずは仕事したら?・・・と言うような言訳を聞く事があります。

 

でも、私はそんな言訳が大っ嫌いです。

 

というより、人に何かを言われたぐらいで自分の『好きな事をして生きる』というヴィジョンに揺らぎが生じるのなら、自分のヴィジョンもその程度の情熱しかない、或いは、自分もまだ完全には自分の事を信頼出来ていないと言うことになります。

 

『出来る』という確信を持っていれば、人の意見は然程耳に入らないはずだからです。

 

私のように仕事をせずブラブラしている人間は、人によっては『逃げている』と言われる事もあります。

 

でも、私からみれば、確かに自分は、現代社会の一般的な生き方からは逃げている。それは否定しない。しかし、私の生き方が『逃げている』と捉えられるならば、好きでもない仕事をして愚痴を言いながら生きていたり、本当にやりたいことがあったにも関わらず、その夢を諦めてしまったり、自分が本当にしたい事について真剣に考える事もせず惰性で生きている事もまた『逃げている』と捉える事ができると思っています。

 

一言『逃げている』と言っても、どんな価値観を信じるかによって、その意味合いが変わってきます。

 

生活の為に働く事、それを最優先に考える事は大事な事です。しかし、同様に、自分が何の為に生まれてきたのか、何がしたくて、今ここにいるのか、と言う事について真剣に考える事もまた大事な事だと思います。

 

こんなことを話すと、人によっては、堅苦しい男だなあ・・・って思うかもしれないですが、考えは人それぞれなので、全然構わないです。押しつけるつもりもないですが、こう言う事について話すとつい熱くなってしまう自分がいます。

 

わたしは基本的に『やらされ仕事』が嫌いです。

 

性に合わないのです。まあ、基本は誰でもそうだと思いますが。

 

義務感でやる仕事ほどつまらないと感じるものはないです。

 

もちろん、いつも好きなことばっかりできるわけではないですが、それでも、生活の大部分が『義務感』で成り立っていたとしたら、そんな人生は味気ないものになってしまいます。

 

生きることは、本当は楽しいことだと思いますが、余りつまらない事を続けていると、生きることすらも面倒と感じたり、生きる事を強制されているような気分になったり、時間を潰すように何となく毎日を生きるようになってしまいます。

 

せっかく生まれて来たんだから、もっと心が震える体験をしたいと思うのです。

 

やらされ仕事が嫌いなので、正直言うと、会社や組織で働く事は私の性に合わないかもしれません。

 

そんな事を言うと、どこで働くんだよ・・・って話になるわけですが、道はいくらでもあると思います。

 

世間に自分の働き口を求めたり、自分の価値を測って貰う方法以外にも、自分で自分の可能性を見つけて表現していく事もできます。

 

その一つの方法として、やはり起業するという道もありだと思います。

 

また、仮に会社に勤めたとしても、つまらないと感じるかどうかは、その人の考え方に因る部分が大きいです。

 

明らかに合わない仕事や興味の持てない仕事で無ければ、仕事を楽しくする工夫は出来ると思います。

 

仕事のスキルを磨く事も大事ですが、何の為に仕事をするのかについて考え、毎日の仕事を楽しくする工夫をすることもまた、仕事の本質だと思います。

 

偉そうなことを書いていますが、以前の仕事ではここに書いてあるような生き方が出来なかったので、こうやって色々と考える事が出来ている部分があります。

 

会社という一つの軸に自分の命を委ねるのではなく、複数の仕事や活動に手を出してみる事が良いと思います。

 

どんな人でも、自分の好きなことが幾つかあると思いますので、それを楽しむ為の方法を考えて行動に移すのです。

 

好きなことは全部同時に実行していくとパワーがみなぎってきて、元気になるようです。

 

また、時間が無いという言訳をして好きなことを諦めるのではなく、出来る事からはじめていくことも大事だと思います。

 

時間が無いとか、お金が無いという言訳をするのは、見方を変えれば、その対象がそこまで自分にとって情熱や好奇心を感じられるものではないと言う事かもしれません。

 

本当に好きで、情熱的になれる事ならば、何かしら行動は起こしているはずです。

 

これまでの人生で、嫌いなことばかりをやってきて、自分が好きな事が良く分からない人も多いと思います。

 

ちょっと前の自分のようなタイプです。

 

でも、まずは嫌いなことを減らし、好きな事に関わること、心が躍る体験を増やすことで、流れが変わり始めます。一つ好きなことをやり終えると、やる前とは違った気持ちになるので、今度は別の事がしたくなります。そうやって、ワクワクの感性が磨かれて行くと思います。

 

最初から大きな事でなくても、小さな事からでもいいと思います。やってみてワクワクしなくてもいいんです。その時は、また違う事を試してみればいいのだから。物事はセオリー通りにやるのではなくて、自分がやりたいようにやるから楽しいんです。

 

私で言えば、会いたい人がいたらその人に会いに行ったり、旅に出る道具を揃えたり、キネシオロジーの個人セッションやセミナーに参加したり、一人で飲みに行ったり・・・という感じです。

 

まずは行動してみる事によって人生に弾みが付き始めます。

広告を非表示にする