読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mia armonia

精神世界やスピリチュアリティなど、ちょっと不思議な世界をベースに、人生を前向きに生きる考え方を提案しています。起業やビジネスについても書いています。

私の人生観~死や苦しみを怖れない

私は、仕事をする目的は、人を幸せにする為だという事を書いています。人によっては、そんなこと、当たり前で、あえて言うまでも無いとか、それは理想主義であって、実際お金がなくてヒイヒイ言っている状態の時に、そんな呑気なことを考えている余裕はないって思うかもしれません。また、あなたのようにニートで生活に困らない人だから、そんなことが言えるんだよ・・・って言われるかもしれません。

 

確かにそうです。

 

自分も仕事をして自分で生計を立てていた頃は、辞めたら生きていけるだろうか・・・という怖れがありました。

 

例えば援助してくれる家族の存在が無かったり、仕事にありつけなかったりした場合、生活できなくなって、死んでしまうかもしれません。

 

私の場合、身寄りが無くなれば、否応なしに自分の力で生きていかなければならなくなります。

 

多分その時は寂しい気持ちになるだろうし、怖れや不安も感じるだろうと思います。

 

でも、例えどうなったとしても、ポジティブに生きていこう、この人生を楽しんでみよう、挑戦し続けようという意思があります。

 

まあ、実際生活に困って八方塞がりになったとしたら、ヒイヒイ言って、弱音を吐くかもしれません。でも、例えそうなったとしても、その環境なりに生きていけばいいのです。弱音を吐いて格好悪くてもいいんです。

 

死ぬことや苦しむ事に対して、怖れや不安を多くは感じていないからです。まあ、あまり苦しまないで死ねたらいいんだけれど(笑)。あと、冬は寒いのでダメになって死ぬなら夏がいいかな・・・(笑)

 

このようにポジティブに考えられるのは、これまでの人生経験や精神世界の探求で得た価値観が、私のバックグラウンドにあるからです。死生観といえばいいでしょうか。

 

今の時代、割と当たり前な価値観になってきているかとは思いますが、『人間は死んだら終わり』ではありません。

 

ざっくり言うと、私たちは意識体であり、その意識が、この宇宙や地球を創造して、その仮想空間を『私』や『あなた』という個別の視点で体験しているのです。それが私たちです。

 

多くの人は『輪廻転生』と言う言葉を聞いたことがあると思います。転生の回数はみなさん大体数百回のようです。生まれ変わりのステージも、地球だけではなく別次元の宇宙や惑星もたくさんあるようです。地球のものではない宇宙船も飛んでいるみたいですしね。

 

よく、あの世に帰るという言い方をしますが、行きも帰りも無いと思っています。あの世だろうが、この世だろうが、この宇宙(私たちの意識)の一側面であることに変わりはなく、生死は単に意識の視点が変わるだけだと認識しているからです。

 

人の死も、あの世が無い事を前提に考えた場合、悲しいものになりますが、意識は永遠である事を思い出せば、必ずしも悲しい事ばかりではないことが分かると思います。

 

人が生まれてくる目的を考えた場合、端的に表せば、『試す為』、『いろんな体験をする為』だと思っています。それによって人生に対してチャレンジ精神旺盛な姿勢が持てるわけです。死は新たな旅路の始まりであると捉えると、死ぬことや苦しみを味わうことへの恐怖や不安が薄れるのではないでしょうか?

 

ここに書いたことが真実かはわかりませんが、このような事を知ることによって、人生をより豊かに、心穏やかに生きていく為の、そして幸せとは何かを考える為の良き機会になります。もし、現在何らかの理由によって、生きることが苦しく感じている方がいれば、『人生は一度切りではない』『私たちの意識は永遠に死ぬことはない』ことを知るだけでも、苦しみや怖れや不安が和らぐのではないかと思うのです。

 

まあ、私もわからない事だらけですが、だからこそ、一生を掛けても探求したい、最も知りたいテーマの一つです。

 

私は、19歳の頃、はじめてスピリチュアルな教えに触れて、感銘を受けました。最初は右脳開発や速読といった自己啓発の分野に惹かれていて、トレーニングをしていましたが、その後にスピリチュアリティに興味が移っていきました。やっぱり、心とか意識とかに興味があるみたいです。このブログでは、精神世界という言葉を使うことも多いですが、『スピリチュアル』と『精神世界』、『ニューエイジ』は、ほぼ同義で使っています。

 

社会人になってからも、いつも心の片隅にそういう事があって、どこかで心の拠り所になっていたと思います。仕事で辛い事や苦しい事があっても、このような価値観があったからこそ、乗り越えてこられた部分もありますし、本やインターネットで調べる内容も、自然とそういう事に導かれていった様に思います。

 

その流れが現在まで、そしてこれからも繋がっていくと思っていますし、このテーマが、自分のライフワークと大きく関わっている事が自分でも分かっています。

 

精神世界は、私にとって人生をよりよく生きる為のツール、人生哲学という位置づけです。現在の私の人生観に大きな影響を与えています。

 

これまでは周囲の人にこういう話はしなかったのですが、これからは遠慮なく話していこうと思っている自分がいます。おかしくなったと思われるかもしれませんが、元々こういう事が大好きな人間ですので、前からおかしい人間だったのです(笑)

広告を非表示にする